男女

利益の出ない経営は資産を圧迫する

遺産相続や投資目的で土地を購入したときに、大抵の人は所有した土地に集合住宅のアパートを建設します。アパートを建設することによって、安価に住居を得られるアパートは需要が高いです。ただ需要が高いからといって、安心するのは早計です。なぜならアパートを借りるかどうかは顧客次第なので、顧客のニーズにこたえられないアパートだと買い手がつかないです。買い手がつかないアパートは不良債権であり、所有しているだけで維持管理費などの費用が掛かってしまい資産を増やすはずが逆に圧迫する結果になってしまいます。もし買い手がつかないという状態になっているのであれば、アパート売却をすることで負担軽減するのが良いです。

早いうちに売却すれば別の投資に使える

安定収入を得るために建設したアパートが、買い手が少ないと不良債権となり資産圧迫につながります。もし自身が考えていたような結果になっていないのであれば、土地活用が失敗したと考えて切り替えるのが重要です。経営や投資において切り替えは重要な要素であり、真っ先に見切りをつけてしまえば負担が少なくなります。さらに負担が少なくなるだけでなく、アパート売却によって得られた資金と余力のある財があるのであれば売却したアパートを取り壊した後に駐車場経営など別の用途に使うことも可能です。

資産運用としての価値

アパート売却にはもう一つの方法があり、それはアパートはそのままだが権利だけを売却するというものです。アパートが売れない理由は魅力がないのが多いですが、もうひとつ多いのが売られているアパートの魅力が伝わっていないというのも多い理由になります。魅力が伝わっていないのは保有主の責任ではあるのですが、ただ宣伝というのは相手に伝わらないといけないので難しいのです。そこで権利だけを不動産会社に売却することで、その自身ではできなかった宣伝をして買い手がつけば最低限の利益を得ることはできます。

順調に運営できれば増設することもできる

これまでのアパート売却をするメリットは失敗した場合を想定した場合ですが、もちろん経営が成功した場合でも大きなメリットを得られます。それは日本においてのアパートの定義は安価で借りられる住居であり、ある程度の予算をかけると居心地の良い場所という意味合いでマンションやコンドミニアムという形で運営することになるのです。たくさんの利益を得てアパート売却をすると、潤った資産に売却した利益も上乗せされるので新しい投資ができます。その投資を別の方法で行うのではなく、町の発展など住民が増えているのであればそのまま住居活用したほうが得が大きいです。そこで潤った資産を元手にアパート売却で取り壊した後に、きれいな住居としてマンションやコンドミニアムを建設すればアパートよりも大きな利益を得ることができます。このようにアパート売却が人気の理由は、運営が失敗しても取り返しがつく方法というだけでなく成功した後の発展にも使えるので利便性が高いのです。

広告募集中