HOME>トピックス>不動産投資の出口戦略をスムーズにするには

アパートを売却することになったら

電卓と家

所有するアパートはなるべく末永く所有して定期的な安定したインカムを得たいものです。しかし長くアパート経営をする間には、色々なことがあり時にはアパート売却をせざるを得ない状況になる時もあります。このような状況になった時にはどのような点に注意すればよいのでしょうか。

中古の物件をなるべく新築時に近づける

住宅模型

アパートを売却するオーナーの特徴として、大規模修繕の時期に売りに出す人が多いです。しかし大規模修繕を次のオーナーに任せようとするとなかなか売れないことが多いのではないでしょうか。すぐに売りたい場合には、面倒で多少お金が掛かってでも、ある程度の修繕をしておくべきでしょう。すべてに手入れをしなくても、水回りの交換やペンキの塗り替え位はして、売りに出した方がアパート売却もスムーズにいく可能性があります。

修繕をしない場合には売値を安くする

男女

もしも修繕をどうしてもしたくない場合には、売値をその分安くするしかありません。その安くした分で次のオーナーに修繕を行ってもらうのです。さらに空室だらけの物件であれば、魅力は半減してしまいますので、やはりある程度の修繕をして、入居者を見つけてから売りに出した方が、魅力的なアパートに映る事でしょう。築年数を経過したアパート売却にはそれくらいの努力が必要です。

買う時も売る時も努力が大事

アパート

アパートは購入するときも大切ですが、手放すときにもそれと同じくらい大切です。アパート売却をしてしまえば、自分の物ではないのだからと、適当に売りに出すオーナーもいますが、それでは良くありません。次のオーナーにバトンを渡すのですから、丁寧にそれを行うようにしましょう。

広告募集中